​リフォーム工事も得意です。

BY ジョニーこと現場担当 白川

お客様からのリフォーム相談事

実際の​工事の様子

2021年4月アップ

IMG_4702
IMG_1608
IMG_4707
IMG_4699
IMG_4704
IMG_4697
2021-03-03 14.51.20
1/1

鉄橋のあるところいもしっかり

断熱材を充填します。

​べた基礎工事の様子

鉄橋のあるところいもしっかり

断熱材を充填します。

見てください、この美しい防水紙の張り方を。水が逆流しないように施工方法をしっかり守って美しく施工。防水テープもしっかりとめます。

給排水は架橋ポリエチレン管を

採用、地震や熱に強く柔軟性が

あり新時代の材料です。

ベテラン大工さんが隙間なしに

工事を施工。

​床下にも数値的に性能が高い断熱材を

あらかじめプレカットして納入。

     

​お客様から相談されることがよくあります。

耐震や、雨漏りについて構造について。

何度も外壁を塗り替えているのに、雨漏りがとまりません、

ということがあります。

また、元々の工事自体が、防水テープを入れいなかったり、

基礎土台柱、とくるものを、基礎から、いきなり、柱を建てていたり、

 

昔に工事をしたときに、抜いてはいけない耐力壁、筋交いを

一緒に切ってしまって、窓を作ってしまっている、

シロアリに柱が食べられてしまっているけど、

そのままのふたをしてしまっている工事、、、。

雨漏りが完全に発見されているに、施主様に相談なく、

壁をとりつけ、クロスをはって引き渡し。

 

間口が狭く、耐力壁が本来いるところに、大開口を開けてしまっている。

補強なし、耐震を考えていない、など、、、。

どこにどうやって相談したらいいのか、

設計事務所は工務店ではないし、

工務店でも、耐震を理解している会社なのか、

雨漏りしているから、外壁塗り替え工事を依頼しているに、

工事が終えても、まだ、雨漏りがする。

など、

どこに依頼したらいいのか、また、本当のことを言ってくれる

業者さんがなかなかいない。。

そのようなお悩みにもある程度お答えができると思います。

お風呂を入れ替えるがその時に、シロアリに柱が食べられてしまっていたら、

補強や、入れ替えなどして、元から解決を提案してほしい。

そのようなことに誠実に提案させていただきます。

尼崎市や、伊丹市、西宮市、など、困ったとのリフォーム相談、

受け付けます。

メイン工事は新築、建て替え工事です。

​繁忙期は、すぐに対応ができないときもあります、

一級建築士、1級施工管理技士、ホームインスペクター、などが対応します。